はらぺこグリズリーの料理ブログ

超絶安い!超絶簡単!多分旨い!めんどくさがりな一人暮らしに最適なレシピを紹介

話し放題!オンライン英会話ネイティブキャンプが怪物すぎる。比較、評判、活用法含めておすすめをご紹介

f:id:kakashibennett:20160412141459j:plain

2017年12月6日、情報を更新しました。

どうも、はらぺこグリズリーです。

先日投稿させて頂いたTOEICの記事、1000はてブを超える大変な反響に未だにびっくりしております。
cheap-delicious.hatenablog.com

もう半年たった今でも大量のアクセスや英語学習についてご質問などを頂き、本当にありがたい限りでございます。

そういった中で1番多く頂いたのが
「とにかく英語がしゃべれるようになるにはどうしたらいいですか?」
「はらぺこさんのオススメの英会話教室やオンライン英会話を教えてください?」

という内容です。

今回はそれら2つのご質問にお答えする形で、筆者が
「おすすめの絶対に話せるようになる英会話サービス」

そのサービスを利用して
「具体的に英語がしゃべれるようになる方法(勉強法)」をご紹介させて頂きます。

早速ご紹介させて頂きたいのですが、その前に一つ大事なことをお話しさせて頂きます。

英会話教室に通っても英語は話せるようにならない

f:id:kakashibennett:20160408181841j:plain
まず当ブログが指す「英語が話せる」という状態がどのようなレベルなのかを説明させて頂きます。

ネイティブの人:「How are you?」
はらぺこ:「I'm fine!」

レベルではなく

ネイティブの人:Harapeko, I want to tell you how impressed we have all been with your work on the design of our new line of floor tiles.
They are certainly different from our usual traditional styles.
Your patterns are much more colorful and contemporary-but we think customers will love them.

はらぺこ:Thanks, I appreciate hearing that.
I have been working hard to keep up with all the different deadlines we have had getting the new line ready.
The last few months have definitely been busy.

というような会話がスラスラでてくるのが「英語が話せる」状態とします。
しかし、ほとんどの英会話スクールでは何年通ってもこのレベルの「英語が話せる」状態にはなりません。

なぜならアウトプットできる量が絶対的に少なすぎるからです。

英語が話せるようになるために必要なのは「英語を話すこと」です。
「何言ってんだ!」
という声が聞こえてきそうですが、筆者は真剣です。

速く走りたいのに走らない人がいるでしょうか?
泳げるようになりたいのに泳がない人がいるでしょうか?

天才であるスラムダンクの桜木花道だってシュートが上手くなるためにシュート2万本の練習をしました。
f:id:kakashibennett:20160414092309j:plain

「英語が話せるようになる」というアプローチにだって同じことが言えます。
徹底的に英会話をしなければ上達しません。

しかし、現状の英会話教室では週1回、多くて週2回で50分という極めて短い時間しかアウトプットできません。
英会話教室はバスケでいう「ゴールのリング」みたいなものです。
リングの使用時間が週1という制限下では桜木花道だってシュート2万本達成するのに何年かかるか分かりません。

まして英会話という極めて慣れが必要なものにおいては、週1程度の英会話では絶対に話せるようにはなりません。
聞くだけで話せるようになる教材なんてのは論外です。
膨大な英語のアウトプットの先に英会話習得が実現するのです。
f:id:kakashibennett:20160414094526p:plain

英語がしゃべれるようになるには大量のアウトプットが必要

f:id:kakashibennett:20160408182049j:plain

これが英語が話せるようになるための絶対条件だと筆者は考えています。

英語が話せる人に多いのが
「小さい頃に親の都合で海外にいた(帰国子女)」
「留学やインターンなどで長期で海外に住んでいた」

という経験をしたことのある人です。

毎日、働いたり、買い物をしたりという「生きていくためのプロセス」の中では嫌でも英語をたくさん使わなければなりません。
強制的に大量の英語のアウトプットをこなせる環境に身を置くことが英語を話せるようにしてくれます。
f:id:kakashibennett:20160414095301j:plain

それは例え英語が全く話せない人でも同様です。
f:id:kakashibennett:20160412141523j:plain
実際、大学時代にTOEIC150点の全然英語ができない友達が「英語が話せるようになりたい」という理由で
「ちょっとアメリカ行ってくるわ!」といって
本当に英語がペラペラになって帰ってきました。
これは「大量の英語のアウトプットをこなせる環境に身を置く」という方法を実行して実際に英会話を習得したパターンです。

しかし、現実には英語を習得するために長期海外旅行に簡単に行くのは難しいですし、お金もかかります。
逆に言えば日本に居ながら、膨大な量の英語を聞いて話せる環境さえできてしまえば英会話の習得なんて容易いということです。

ここまでで簡単に従来の英会話レッスンでは英語ペラペラになるのは難しいということ
英会話習得には膨大な英語をアウトプットができる環境が必要である
という2点を説明させて頂きました。

これらを踏まえた上で筆者の超おすすめの英会話サービスをご紹介させて頂きます。

費用含めて現実的にちゃんとした英会話を習得したいなら、ネイティブキャンプがおすすめ

f:id:kakashibennett:20160408182447j:plain
筆者は、これまでに「イーオン」や駅前留学で有名な「NOVA」、オンライン英会話では「レアジョブ」「DMM英会話」、少し変わったサービスだと毎日英語で電話をかけてきてくれる「デイリーコール」など、通うタイプの英会話教室からオンライン英会話まで幅広く利用してきました。

断言します。
それなりに利用してきたらからこそ、絶対に英語が話せるようになると自信をもっておすすめできる英会話サービス「ネイティブキャンプ」です。

ネイティブキャンプ 公式サイト
なぜ数ある中でネイティブキャンプなのか早速説明していきたいと思います。

1、オンライン英会話のNativeCAMPをおすすめする最大の理由

格安の定額でレッスン回数が無制限にできる

f:id:kakashibennett:20160414100344j:plain
先ほど書かせて頂いた通り、英語を話せるようになるには「膨大な量の英語を聞いて話せる環境」が必要不可欠です。
英会話教室やオンライン英会話は様々なものがありますが、マンツーマンでガッツリやろうとしても

英会話教室
NOVA   1か月に4回 1回40分  20,000円/月
イーオン 週に2回 1回50分  38,070円/月

オンライン英会話
レアジョブ  毎日2回  1回25分 17,280円/月
DMM英会話   毎日3回  1回25分 11,500円/月

通話タイプ
デイリーコール 月曜日〜金曜日 15分 22,500円

のような現状です。

英会話習得には絶対的なアウトプット量が必要にも関わらず、これらのサービスは全てアウトプットに対して時間的制約をかけています。
さらにアウトプット量を増やすには金銭的にも全て1万円を超える高額な金額を提示してきます。
しかもこれだけ高額な金額を支払っても、この程度では到底アウトプット量が足りません。

対してネイティブキャンプはレッスン回数が無制限で月額が4950円という破格です。
しかも後述しますが、講師の質、サービスの質もずば抜けて高水準です。

現状で日本に居ながらちゃんとした英語(最初に述べた会話レベル)が話せるようになるには、
現実的に考えて金銭的にも格安でレッスン無制限のネイティブキャンプが妥当なラインだと思います。

なぜなら、本当に英語を話せるようになりたい人に必要なのは、
週1回1時間でも毎日15分の英会話ではなく、1日に10時間でも20時間でもレッスンを受けさせてくれるサービスだからです。

金額面とクオリティ、両者を満たしたサービスは現状ではNativeCAMP以外ありません。


極論を言えば英語ペラペラの外国人の友達がいればそれで済む話かもしれません。
しかし、外国人の友達を作るという事自体がすでに障壁が高く、万人が英語を習得できる方法ではありません。
また、そんな友達を探している時間があったらとっととNativeCampで
無料期間の1週間でもいいからガンガン英語を話しまくるほうがよっぽど現実的な道です。

そして、もしあなたに心優しい親友のアメリカ人が居て英語を教えてくれるとしても、
「ボブ、ちょっと英語を教えてくれよ、10時間くらい」
とは言えません。

何度も繰り返しますが、1回のレッスンが25分~50分程度で週に数回程度のアウトプットでは英会話の習得は難しいです。(聞いてるだけでしゃべれるようになるなんて教材は論外)
さらにグループレッスンでは自分の話せる時間が削られる上、講師は他の生徒もフォローしなくてはいけないので実質それ以下です。

2、Skype不要で予約も不要!面倒なことは一切なし!30秒でレッスン可能!

「予約不要とかそんなに大事か?」と思うかもしれませんが、
レッスンがすぐできるかは超重要なんです!
これまで英会話教室に通ったことのある方はご存じでしょうが、

1、コースやクラス、曜日や難易度、通う教室を決める
2、予約をする
3、家を出発して教室に向かう
4、レッスン時間まで少し待ってようやくスタート

…と物凄く面倒。
通っていた当時、レッスン前日になると憂鬱になるくらいでした。

ではオンライン英会話はどうかと言いますと、
こちらでも予約が必要なところがほとんどなのに加え、
マイクとカメラを通じたレッスンなのでSkype等通話の設定をしなくてはなりません。
面倒なステップを踏まなければレッスンに辿り着けないのは英会話教室と同じですね。

例えば以前やっていたオンライン英会話の一つ「レアジョブ」の場合だと

1、事前の予約
2、Skypeでログインした状態で待機

することが必要でした。
一見簡単でシンプルそうなのですが、
これが筆者のようなずぼらには結構大変でした。

・レッスンの予約がある日はその時間は予定を空けておかなければならないという圧迫感
・レッスンが始まってからスカイプ音声が聞こえない等のトラブルがないかを事前にスカイプで音声チェック
・レッスンに遅れては申し訳ないという理由でなんだかんだ30分前にはパソコンを開いて待機
・そしてレッスンが終わるとまた自分のスケジュールに合わせて予約を新規で取る

これが毎回のことでしたので、面倒なのがだんだん苦痛に感じてしまい、結局辞めてしまいました。

これは「レアジョブが悪い」ということではなく、
オンライン英会話全般が大体「スカイプ必須」「予約必要」なのでせっかくやる気があっても本当に今すぐやることができないのです。

しかし、ネイティブキャンプはレッスンするのにスカイプ不要で事前予約も不要なので、
本当にやりたいと思った瞬間にすぐレッスンできます。

これにより貴重なやる気を面倒な予約などで削がれることを防ぐだけでなく、
非常にスムーズにレッスンを始めることができます。

実際のレッスンステップ

1、講師を選択する

f:id:kakashibennett:20160410110627p:plain

2、レッスンへ進むをクリック

f:id:kakashibennett:20160410110950p:plain

3、やりたいレッスンを選んでレッスンスタートを押す

f:id:kakashibennett:20160412120345p:plain

これだけです。
レッスンしたいと思ってから実際にレッスンが始まるまでに30秒もかかりません。

加えて24時間レッスンが受けられるので、
深夜ふと「眠れないからちょっとレッスンしようかなあ」と思った時や、
「早起きしちゃったから、朝ごはんまでに軽く1回英会話やっちゃおう!」
というような時にもすぐに始められます。

やりたい時に、ホームページを開いてすぐに講師と会話が始められるというのは
驚異的だと思います。
ちなみにですが、ネイティブキャンプはスマホアプリ版もあります!

3、講師の質が非常に高い

ここまで条件が揃っていても、英会話習得にはやはり講師の質が非常に重要になってきます。

筆者自身実際にNativeCAMPを利用して半年ほどで約200レッスン以上受け、毎回できるだけ別の講師を選ぶようにしてきましたが、
講師の皆さん教え方が上手で、相当訓練されてきたんだなという印象を受けました。

具体的には

1.発音がしっかりしている

英会話教室、オンライン英会話の中にはフィリピン訛りの強い英語を話す人や、
あまり英語レベルが高いとは思えないような人がいるのも残念ながら事実です。
筆者自身他の英会話サービスでそのような講師に当たったことがあります。


講師の発音を元に英語を学んでいくので講師の発音が綺麗かどうかは非常に重要です。
せっかく覚えたフレーズがその講師にしか通じないのでは何の意味もありません。

多くの人に通じて初めて言葉は意味を持ちます。
そして多くの人に言葉を伝えやすいのは、当然汚い発音や乱れたアクセントより、綺麗な発音と正しいアクセントを用いた英語でしょう。

その点に関して、ネイティブキャンプ講師陣の発音は申し分がありません。
本当に綺麗なネイティブの発音で強い訛りもありません。

2.自分の理解レベルまで落としてレッスンをしてくれる

これも発音と同じぐらい重要です。
こっちが理解しているかどうか関係なくペラペラ早口で話し出す講師はいません。
それはつまり丁寧に自分の英語レベルを見極めてくれた上でレッスンを進めていってくれるということを意味します。

英会話をやった方なら分かるかと思いますが、
右も左も分からない英語初心者の状態でいきなりペラペラしゃべりだされることは、
一発で心は折り、やる気を失くさせ、二度とレッスンに行きたくない気にさせるくらい辛く嫌なこと
です。

ちゃんと自分の理解レベルに合わせて会話をしてくれるので、身の丈にあった成長が見込めます。
ここはまっとうな英会話サービスであれば当然のポイントでしょうが、
一つのレッスンを終え、別の講師を選んだ時もレッスン記録は引き継がれているので、滞りなくレッスンをすることができます。

NativeCAMP無料トライアル期間に初めてやるとなると「ある程度の英会話ができないとせっかくのレッスンも意味がないのでは…?」と不安に感じる方が居られるでしょうが、しっかりケアをしてくれています。

3.間違いをちゃんと指摘してくれる

ハッキリ言って事前には分からなかったメリットです。
ネイティブキャンプ特有の部分ではないかと思います。

どうしても苦戦する発音があって、講師の方と一緒に何度も繰り返し出来るようになったのですが、
また別の日に別の講師とのレッスンでその発音が出てきました。
自分でも「あ、ミスった」と分かったのですが、即座にその講師がミスを指摘してくれたのです。

ここで「明確なミスは必ず指摘してくれるのでは?」と思い始めました。

ちなみに3回目ちょっと確かめようと思い、2ヵ月くらい間を開けまたまた別の講師とのレッスン中わざとミスっても指摘してくれました。

このことから間違いを指摘してくれるのは間違いないです。

こちらが発音や文法を間違えてもその場で必ず指摘してくれます
本当に100%指摘してくれます。
必ず間違いを正しながら英会話スキルを磨いていくことで、話せば話すほど発音が綺麗になっていきます。

4.講師に対して誰も不快に感じなかった


先ほど半年で約200レッスン、毎回できるだけ別の講師を選んできたと書きました。
本当に不快に感じた講師が一人もいなかったのです。
筆者の運が良かったのかもしれません。
ですが、無制限をいいことに散々使い倒している筆者ですら遭遇しなかったのでここに書かせて頂きました。
皆さん非常にプロ意識が高く、態度の悪い講師や変な授業が無い上、
フレンドリーで優しい方ばかりだったので非常に気持ちよく英会話を学ばせてもらえました。
どこで褒めたら伸びるのかというポイントをしっかり押さえた講師ばかりでした。

実際どうなの?オンライン英会話、英会話教室を比較してみた

数値の上で具体的にどう違っているか、
ネイティブキャンプ、イーオン、レアジョブの3サービスを比較してみました。

     
NativeCampイーオンレアジョブ
入会金0円32,400円0円
月額の受講料4,950円38,070円17,280円
テキスト代0円約30,000円(サイトに明記されていませんが、電話で聞いたら3万〜5万とのこと)0円
システム管理費0円864円/月0円
24時間利用可能不可不可
予約不要(予約も可能)必要必要
無料体験1週間×無制限60分×1回25分×2回
1ヶ月目の支払い額4,950円101,334円17,280円
サービス名NativeCAMPイーオンレアジョブ英会話

・全て「マンツーマン」かつ「最もレッスン時間が多く確保できるコース」を選んでいます。
・イーオンは総合英会話習得コースの数値です。月額料金は12ヶ月分の料金456,840円を12で割って1ヶ月あたりの金額を算出しました。
・レアジョブは「日常英会話コース毎日100分プラン」の数値です。
・ネイティブキャンプには固有のコース名称はありませんでした。
・表には1ヶ月目の支払額とありますが、ネイティブキャンプに関してはずっと月額4,950円です。


金銭面に関しても、ネイティブキャンプが4950円と独走状態です。
実際1ヵ月程度ではアウトプットには到底足りないので、必然的に数か月間支払うことになる以上、安く抑えられるものならそれが一番でしょう。
あとは1週間無料期間を駆使すればこの記事のもう少し下でお話する具体的なプロセスをかなり進めることも可能です。

また、ここまでで散々「レッスン受け放題」かつ「予約不要が望ましく」、「講師の質も重要」と説明させて頂きました。
実際全て満たしているのはネイティブキャンプしかありません。

ハッキリ言って異常なまでの安さです。
正直、ネイティブキャンプは近い将来値上げするのではないかと思うほどです。


5、絶対に英語が話せるようになる具体的なネイティブキャンプの活用法

ここからは実際にネイティブキャンプを駆使して最短で英語が話せるようになる勉強法を書いていきます。

1、まずネイティブキャンプの初心者コースをやる

いきなりフリートークからガンガンやりたいところですが、
初心者には英会話の基礎を固めてからフリートークをガンガンやる方がよりレベルアップが高速になります。

初心者コースとは...
英会話において初歩の初歩とも言えるあいさつや自己紹介をできるようになるためのコース。

このコースはオンライン英会話どころかそもそも英会話も初めて!という方はもちろん、
英語は比較的勉強できたし大丈夫だろう、という方も絶対におすすめのコースです。

英語でちょっとした会話をした、という経験をお持ちの方は多いと思われますが、
英会話教室などに行ってお試しレッスンのような経験をしたことのある方はかなり少ないでしょう。

実際筆者が人生で初めて、某英会話教室でマンツーマンレッスンを受けた時はこんな有様でした。

某教室の講師:「Hello?」

はらぺこ:「はろー?」

某教室の講師:「nice to meet you!」

はらぺこ:「な、ないす、とぅ、みーちゅ…」

当時の筆者は我ながらあまりにも無残な発音でした。
そうしてレッスンがスタート。
序盤は何とかなるんです。

はらぺこ:「あいむ ふぁいん!センキュー…」

とかですから。
流石に中学生1年生の最初の授業でやるフレーズくらいは覚えてるものです。
ただ、講師の放った次の一言で頭の中が真っ白になりました。

某教室の講師:「Would you please tell me something about yourself ?」と質問されるまでは。

はらぺこ:「は?」

当時の筆者は本当にそう口から漏らしてしまいました。
2、3回聞き返してようやく自己紹介してみて、と言われたのが分かったのですが、
だからといってスムーズになるはずもなく、

はらぺこ:「あいむ、ハイスクール、す、スチューデント」

はらぺこ:「あい、はば、あ、ドッグ、べりー、ぷりてぃー」

はらぺこ:「あー…、あいむ…、ああ~…」

某教室の教師:「…」

元々ない自信をさらに打ち砕かれ、家に帰りたくなるような気分でした。
今思えばここでのショックで英会話習得のペースはかなりダウンしたと思います。

ネイティブキャンプの初心者コースは、そうならないためのコースです。

ネイティブキャンプを始めた時も当然一番簡単だと思われる「初心者コース」を選んだのですが、
なんというか、普通の英会話教室の初心者コースを受けられるレベルに達するための超初心者コースという印象です。

なのでいきなり自分で英文を作り上げて答えるような高度なことを求められません。
むしろ、その作り方からきちんと教えてもらえます。

なので、まずは初心者コースで基礎の基礎をガッチリ押えます。

2、ネイティブキャンプにある残りのレッスンコースを全てやる

初心者コースを終わらせたら、ネイティブキャンプにある英会話コースの中から、
難易度順に以下4種類をやります。

・日常英会話初級コース
ごく普通の話題について簡単な内容であれば答えることが出来るようになるためのコース。

・日常英会話中級コース
あるテーマについて自分の意見を言ったり、詳しい状況を伝えたりできるようにするためのコース。

・日常英会話上級コース
広範囲の話題に対し自分の考えを明確かつ正しく表現できるようにするためのコース。

・ビジネスコース
ビジネスに絡む場面で登場する話題について英語で意志を伝えたりできるようなるためのになるためのコース。

これらのコースの全てのレッスンを一通りこなします。

これら全てをこなせば、
レストランでの注文や会計、電車の乗り降り、買い物、空港の入国審査、ニューストピックについての議論など
あらゆる面での英会話が総合的に身につけられます。

好きなレッスンだけやるのも良いと思いますが、
レッスン受け放題であることを考えると、それはかなり勿体ないです。
どれだけレッスンを受けようと定額なので、短期間で包括的に全てのジャンルのレッスンを利用し尽くすことが、
最もコスパの良い方法です。

しかもどのコースもかなり細分化されて綿密に作られているため、
5コース全てのレッスンが終わるころには発音、文法スキルの伴ったしっかりした英会話力が身に着いています。

蛇足ですが、ネイティブキャンプが最大にウリにしているカランメソッドというものについてはやる必要はありません。
なぜならカランメソッドを使ったレッスンは1回200円の費用がかかるからです。

定額制で受け放題という最大のメリットを差し置いて1回ごとにお金のかかる有料サービスを使うメリットはハッキリ言って薄いです。
長時間いくらでもやれるという環境を最大限利用することだけを考え、やり放題の豊富なレッスンをガンガンやって話しまくりましょう!

ちなみにネイティブキャンプで毎日2時間進めた場合、無料トライアル期間の1週間で終わらせることができるため、
無料で英会話の基礎を固められることすらできます。


3、フリートークを毎日、時間が許す限りやりまくる

上記の5コースを完了させ、英会話の基礎が完璧になったところでフリートークを利用し始めます。
徹底的なまでに英会話の基礎をこれまで学んできたため、意外と話せることに驚くはずです。

いきなりフリートークをやるよりもこのプロセスを経てやることでより効果的かつ成長スピードが速くなります。

フリートークは毎日、時間が許す限りやっていきましょう。
とにかく英語は壮大な慣れです。

1、ネイティブキャンプの5コースを全てやる。
2、フリートークをやりまくる。

まとめるとこれだけです。
この2ステップで絶対に話せるようになります。

言い忘れていた3ステップ目がありました。

3、英語が話せるようになったらさっさと辞める。

ある程度話せるようになったらさっさと辞めましょう。
いかに格安と言えどもお金がもったいからです。
ぜひその浮いたお金で今度は海外旅行にでも行ってみてください。
驚くほどしゃべれるようになった自分にびっくりするとともに最高に楽しい旅になるはずです。


6、やる気さえあれば英語は絶対に話せるということ

正直、英会話を習得するための環境がここまで整ったのは日本の歴史上初めてじゃないかと個人的に思っています。
ここ数年で英会話学習環境は本当に変わりました。

世の中にはたくさん英会話教室やオンライン英会話のようなサービスがあります。
どれも独自の素晴らしい部分があると思いますが、全てを手放しにおすすめする気にはなれません。

ただ、現状で最も「現実的に英語が話せるようになる近道」はネイティブキャンプだと断言できます。
はっきり言って月5000円でいいのか?というレベルです。

筆者自身英語学習、英会話習得を目指してかなりの時間と労力を費やしてきました。

「どうすれば自由自在に話せるようになるだろう?」
「何をすれば1番効率的なのだろう?」
「全然話せない…教室通ってるのに…」
「この方法はいいんじゃないのか?」

その結果海外旅行程度なら英会話面での不安を感じることがないレベルまで達することができました。
その上でハッキリと言えることは
「会話の絶対量さえあれば絶対に英語はできる。話せる」
ということ。

英語が話せるようになるのに、1日25分や週1回1時間程度では全く足りません。
毎日時間にとらわれずにガンガン話し込むことが必要です。
本当にこれだけで誰でも絶対にしゃべれるようになります!


本気で英会話ができるようになりたい方はNativeCAMPでガッツリやってさっさと習得して、とっとと辞めた方が絶対に時間もお金も得です。

迷ったら無料期間だけ試しにやってみて辞めるのも全然アリ

無料トライアルの1週間だけやってみて、合わなかったら辞めるのでも全然良いと思います。

仮に無料トライアル期間で毎日12時間レッスンを受けたとして、84時間も英語にどっぷり浸かれることになります。
その無料の1週間だけやって辞めたとしても、大幅なレベルアップになるはずです。
そして1週間で辞めてしまったとしても、
英会話習得へ向けた大きな1歩は十分既に踏み出しています。

筆者自身、ブログで何かをおすすめするのは滅多にありませんが、
これに関しては本気でおすすめできるサービスなので本気で紹介させて頂きました。

正直この金額でこの価格はありえません。
いずれ絶対に値上げするサービスだと思います。
今がチャンスなのでもし興味がある方は無料体験だけでもやってみる価値はあると思います。


ネイティブキャンプ 公式サイト